越のむらさき・摂田屋についての話、旬の情報を皆様へお届けします。
お彼岸には、家族でお墓参りをするご家庭も多いと思います。
お彼岸とは春分の日と秋分の日を中日として、前後の3日を合わせた7日間のことを言います。初日を「彼岸の入り」と言い、最終日を「彼岸の明け」と言います。
2017年のお彼岸は下記の通りになります。
「春のお彼岸」
・3月17日(金)   彼岸の入り
・3月20日(月・祝) 中日
・3月23日(木)   彼岸の明け
「秋のお彼岸」
・9月20日(水)   彼岸の入り
・9月23日(土・祝) 中日
・9月26日(火)   彼岸の明け
地域によりさまざまですが、日持ちするお煎餅やお饅頭が一般的です。
最近では、故人が好きだったお菓子などを用意する方も増えております。
それから、太陽が東から昇り、真西に沈む春分と秋分に極楽浄土を念じる習慣が定着したと言われております。次第に法要を営み、ご先祖様を供養する風習として変化していきました。
お彼岸は平安時代から伝わる、日本独自の風習です。
昔に戦が長く続いたことで、人々は西方の遥か彼方にあると信じられている、極楽浄土にあこがれの気持ちを抱くようになりました。
お彼岸は日本の大切な風習です。家族そろってお墓参りをし、ご先祖様に感謝の気持ちを伝えてみてはいかがでしょうか。
TOPへ戻る
前ページへ
江戸から続く越後の風味 まごころと伝統の醤油
株式会社 越のむらさき
お彼岸にご先祖様に対して感謝の想いを込めて、 お墓参りの時などにお菓子や果物のお供え物を持参する場合があります。
ぼたもちは、小豆の粒を春に咲く牡丹の花に見立てたことから、ぼたもちになったと言われております。一方でおはぎは、小豆の粒を秋に咲く萩の花に見立てております。
昔から小豆には邪気を払う効果があると信じられたことから、ぼたもちやおはぎをお供えするようになったと言われております。
また、お彼岸のお供え物として有名な「ぼたもち」と「おはぎ」。春のお彼岸にはぼたもち、秋のお彼岸にはおはぎと言われております。
ご先祖様への感謝を忘れずに、これからも変わらずお彼岸を伝え続けていきたいものです。