春は環境の変化が大きく、体調を崩しやすい季節です。
今回は体調不良を乗り切る対策や、レシピをご紹介致します。
厳しい寒さが終わり、春が訪れます。4月は季節の変わり目で寒暖差が激しく、体調を崩しやすい時期です。また、就職や進学などの環境の変化により、ストレスも溜まりやすいです。
体調不良の原因として、気温の変化が考えられます。春は日によって気温が大きく異なり、体温調節を担っている自律神経がその変化に対応しきれず、疲れを引き起こしやすいです。
睡眠を十分にとることで、体が休まり負担を軽減させてくれます。
睡眠中は副交感神経が優位に働き、心の疲れを癒やし、ホルモンバランスを整えます。
運動不足だと血液の流れが滞り、むくみや頭痛などの体調不良を引き起こします。
無理のない範囲で生活に運動を取り入れましょう。
自律神経を整える対策として、下記が挙げられます。
具材に火が通ったら、★の調味料を回して入れて、汁気が無くなるまで炒めたら完成です。
熱したフライパンにごま油をしき、豚肉を炒めます。火が通ったら小松菜を加え、さらに炒めます。
TOPへ戻る
次ページへ
江戸から続く越後の風味 まごころと伝統の醤油
株式会社 越のむらさき
豚肉を食べやすい大きさに切り、塩、胡椒、片栗粉をまぶし軽く揉みます。
小松菜は塩水で茹でて、水気を絞り一口大に切ります。
その他にも、栄養バランスの良い食事を摂り、よく噛んで食べることも症状改善に繋がります。
不調に負けない体をつくり、春の季節を楽しみましょう。