越のむらさき・摂田屋についての話、旬の情報を皆様へお届けします。
7月に入り本格的な暑さが到来致しました。急に暑くなったことで、体が暑さに慣れていない方も多いと思います。
枝豆に多く含まれるビタミンB1は、糖質をエネルギーに変える効果があり、新陳代謝を活発にし、疲労回復や夏バテに効果的です。その他にもアルコールの分解を促進し、二日酔いの予防効果がある為、お酒のおつまみに最適です。
今回ご紹介する「枝豆」は、野菜と豆の両方の栄養を併せ持っています。その為、一粒一粒に高い栄養素が豊富に含まれています。
ただ、枝豆は食べ過ぎると消化不良や腹痛、便秘の症状を引き起こします。食べ過ぎに気を付け、バランス良く摂取しましょう。
かつおと昆布の旨味に、さば特有の濃厚感と煮干のまろやかな味を加え、だし本来の味と風味を生かしたつゆです。
良く混ぜ合わさったら器に盛り完成です。
ひじきを水で戻します。戻したら鍋に入れ、サッと茹でます。茹で上がったら水切りをし、ザルにあげ冷まします。
木綿豆腐をキッチンペーパーで包み、水切りをします。枝豆は茹でて鞘から出しておきます。
おつまみ用の枝豆は、茹でる前に少量の塩を加えよく揉みます。揉み込んだ後に茹でると、塩が染み込み美味しくなりますよ。
TOPへ戻る
前ページへ
江戸から続く越後の風味 まごころと伝統の醤油
株式会社 越のむらさき
ボールに木綿豆腐を入れ、スプーンなどで粗く潰します。
潰したら、ひじき、枝豆、越のむらさきつゆ、みりん、砂糖を加えて混ぜます。
そば、めんつゆ、煮物など、幅広い用途にお使い頂けます。