越のむらさき・摂田屋についての話、旬の情報を皆様へお届けします。
雪も徐々に溶け、少しずつ春の訪れを感じます。
毎年3月になると、「春分の日」と言う国民の祝日があります。1948年に法律で制定され、「自然をたたえ、生物をいつくしむ。」ことを目的とする日です。
日付は毎年変わり、毎年3月20日から3月21日頃になります。2018年の春分の日、3月21日(水)になります。
毎年日付が変わる理由は、地球の公転による一年と暦上の一年には誤差があり、ずれが生じるためです。そこで、4年に一度の閏年でずれを調節し、毎年だいたい同じ頃の日付になります。
春分の日と秋分の日は、昼と夜の長さが等しくなる日です。また、節目の季節の訪れを感じる日でもあります。
ぼたもちとおはぎの違いは「あんこ」にあります。春は小豆の収穫から日が経ち、皮が固くなっています。この皮を捨ててこしあんにするのがぼたもちです。秋は採れたての小豆が使えるので、皮ごと使用した粒あんにし、おはぎとなります。
春分の日は、春のお彼岸の中日でもあります。お彼岸はお墓参りをし、ご先祖様に感謝する大切な風習です。
お彼岸でお墓参りした際に、お供え物として一般的なのは「ぼたもち」や「おはぎ」です。春は牡丹の花にちなんでぼたもちと言い、秋は萩の花にちなみおはぎと言われています。
春分の日は、季節の変わり目の大切な節目です。本格的な春に向け、新しいことにチャレンジしてみてはいかがでしょうか。
TOPへ戻る
前ページへ
江戸から続く越後の風味 まごころと伝統の醤油
株式会社 越のむらさき
お供えをしたら傷む前に、ご先祖様に感謝しながらご家族で美味しくいただきましょう。