スプーンのような大きな葉が何枚にも重なっている青梗菜。
シャキシャキした食感と穏やかな風味が楽しめます!
私達の食卓を彩ってくれる「青梗菜」。
1972年に中国から日本に伝わり、食感や味が日本人の好みに合った為、現在では人気の野菜として食卓に並ぶようになりました。
青梗菜にはβカロテンが緑黄色野菜の中でも豊富に含まれていて、髪や皮膚の健康維持や、肺などの呼吸器系統を守る働きがあります。
青梗菜の選び方のポイントは、茎の根元の幅が広く、淡い緑色のものを選ぶと新鮮です。
鮮度が落ちると葉の色が薄くなり、黄色く変色してくるので、新鮮なうちに美味しく調理しましょう!
最後に溶き卵を少しづつ入れ、さっと混ぜたら完成です。
鍋に水と鶏がらスープの素を入れ、煮立てます。煮立ったら青梗菜、しめじ、胡麻を入れ、中火で煮ます。
TOPへ戻る
次ページへ
江戸から続く越後の風味 まごころと伝統の醤油
株式会社 越のむらさき
青梗菜を1〜2p幅に切ります。しめじの根元を切り落とし、小房に分けます。
小皿に水溶き片栗粉を作り、置いておきます。
越のむらさき醤油を入れ味を調えます。
調えたら弱火にし、水溶き片栗粉を入れとろみをつけます。