「とうなす」、「なんきん」など場所によって呼び名が変わるかぼちゃ。野菜が不足しがちな冬の頼もしい栄養源です。
疲れやすいと思ったら、ビタミンEを積極的に摂取するよう心がけましょう。
程よい甘さで大人にも子どもにも喜ばれる「かぼちゃ」。おかずからデザートまで簡単にアレンジができる食材です。
かぼちゃに含まれるビタミンEには、細胞の老化を早める過酸化脂質ができるのを防ぐ働きがあります。ビタミンEが不足すると、皮膚の老化が早くなり、血行が悪くなって手足が冷えやすくなります。
かぼちゃが柔らかくなり、崩れてきたら火を止めてミキサーにかけます。
固形物が無くなったら鍋に戻し、牛乳を加え弱火でよく混ぜます。
全体が混ぜ合わさったら器に盛り、乾燥パセリを散らしたら完成です。
今回はかぼちゃを使用した、身体も心もぽかぽか温まるレシピをご紹介致します。
TOPへ戻る
次ページへ
江戸から続く越後の風味 まごころと伝統の醤油
株式会社 越のむらさき
鍋に玉ねぎ、バターを入れしんなりするまで炒めます。
しんなりとしたら、越のむらさき醤油、水、コンソメ、かぼちゃを入れ柔らかくなるまで煮ます。
かぼちゃの皮を剥き、種とワタを取り除き適当な大きさに切ります。
玉ねぎを薄くスライスします。