越のむらさき・摂田屋についての話、旬の情報を皆様へお届けします。
日本では古くから馴染みのある野菜の「大根」。アブラナ科の一年草で、大きいものや細長いものなど、たくさんの品種があります。
大根の原産地は地中沿岸から、西アジアと考えられています。日本へは中国から伝わりました。
昔の大根は根の部分がもっと小さく、辛味の強いものだったと言われています。
白い根の部分は、胃腸の働きを助けるジアスターゼという成分を多く含んでいます。
胸焼けや胃もたれを予防し、食欲を上げる効果があります。
葉の部分はβカロチンが豊富に含まれていて、皮膚や粘膜の細胞を正常に保つ働きをします。
☆お好みで、大根の上にネギや糸唐辛子を飾っても美味しいです。

大根の両面にこんがり焼き目がついたら、越のむらさき醤油、砂糖、酒を入れます。
フライパンにごま油を敷き、大根を入れ中火で焼きます。
大根の鮮度の見分け方は、葉や切り口がみずみずしく、皮にツヤがあるものが新鮮です。ひげ根の穴が真っ直ぐに並んでいないのは避けましょう。
TOPへ戻る
前ページへ
江戸から続く越後の風味 まごころと伝統の醤油
株式会社 越のむらさき
全体に絡んだら器に盛り、完成です。
大根の皮を剥き、約3cm幅の輪切りにします。
耐熱容器に大根を入れ、電子レンジで500Wで5分程加熱します。
葉、茎、根の全ての部分が食べられる大根。
旬の時期に大根を、たっぷり味わってみてはいかかでしょうか。