越のむらさき・摂田屋についての話、旬の情報を皆様へお届けします。
秋の味覚である「きのこ」。様々な種類があり、どれも低カロリーで食物繊維が豊富に含まれています。今回は日頃よく食べられているきのこの、栄養効果をご紹介致します。
しめじ、えのきの石づきを切り落とし、食べやすい大きさに切ります。
キノコキトサンと言う成分が他のきのこより多く含まれています。
余分な脂肪の吸収を抑え、内臓脂肪を燃焼させる効果があります。
また血糖値の上昇を抑制し、動脈硬化や心筋梗塞などの予防に効果があります。
しいたけにはエリタデニンという成分が含まれており、血液をサラサラにし、血中のコレステロールを低下させる働きをします。
高血圧や動脈硬化の予防になります。
舞茸特有のMD-フラクションと言う成分が多く含まれています。
免疫力を高め、風邪やがんの予防に効果的と注目されています。
食物繊維を豊富に含んでおり、腸内環境を整えてくれます。
低カロリーで栄養効果がとても高いきのこ。
普段の食生活に秋の味覚を、ぜひ取り入れてみて下さい!
TOPへ戻る
前ページへ
江戸から続く越後の風味 まごころと伝統の醤油
株式会社 越のむらさき
フライパンにバターをしきます。バターが溶けてきたら、えのき、しめじを加え炒めます。
焼き色がつき、しんなりとしたら越のむらさき醤油を回し入れ、さらに炒めます。
鍋にたっぷりの水を入れ、沸騰させます。
沸騰したらパスタを入れ、パスタの袋に記載されている表示時間通りに茹でます。

茹で上がったらザルに上げて水気を切り、器にパスタを高く盛り付けます。フライパンで炒めた具材を、上からかけたら完成です。