秋になるとイチョウに実る銀杏。
今回は銀杏に含まれる知られざる効能をご紹介致します!
独特の匂いや食感で、つい癖になる味の銀杏。
今回は秋の味覚を楽しめる炊き込みご飯のレシピをご紹介いたします。
秋の味覚として知られている銀杏。茶碗蒸しの中に入っていたり、お酒のおつまみなど、食卓をより華やかに彩ってくれる食材です。
銀杏は糖質が含まれている為、即効性のあるスタミナ食や薬用として食されています。薬として生成すると、咳止めや夜尿症改善などの効果があります。
またビタミンB1が豊富に含まれています。疲労回復、食欲不振、イライラなどを解消してくれます。
【3】炊飯器に銀杏、しめじ、油揚げ、越のむらさき醤油、みりん、酒を入れ、炊飯器のスイッチを押します。
【4】炊き上がったらよく混ぜ、器に盛りつけ完成です。
TOPへ戻る
次ページへ
江戸から続く越後の風味 まごころと伝統の醤油
株式会社 越のむらさき
【1】米を研ぎ、2合の線の少し下まで水を入れます。
【2】しめじの石づきを取ります。油揚げはザルにのせ、熱湯を回しかけ油抜きをします。水分をしっかりと絞ったら、短冊切りにします。