越のむらさき・摂田屋についての話、旬の情報を皆様へお届けします。
七五三は毎年11月15日に行われる、子供の成長を祝う年中行事です。
5歳「袴着(はかまぎ)」・・・男児が男性の衣服である袴を着始める儀式です。
3歳「髪置(かみおき」・・・3歳まで病気の予防のために髪を剃る習慣がありました。それが3歳になったため、男女ともに髪を伸ばし始める儀式のことです。
昔は幼児の死亡率がとても高かったため、今まで無事に成長したことへの感謝と、これからの健康と幸せを祈る行事として定着しました。
七五三の時によく目にする「千歳飴」。千歳飴の由来には二つの説があります。一つ目は江戸時代、浅草で飴売りをしていた七兵衛が、紅白の棒状の飴を千年飴・寿命糖と言う名前で売り出したのが始まりと言う説です。
七五三は子供の成長を振り返ることのできる大切な行事です。
ぜひご家族で、お子様の健やかな成長をお祝いしましょう。
TOPへ戻る
前ページへ
江戸から続く越後の風味 まごころと伝統の醤油
株式会社 越のむらさき
千歳飴には、子供が元気よく成長し、健康で長生きして欲しいという願いが込められています。
七五三がご家族にとって、心に残る楽しい一日になりますように。
7歳「帯解(おびとき)」・・・女児が着物の帯を大人と同じ着物・帯で結ぶようになる儀式です。
七五三は三歳の男児と女児、五歳の男児、七歳の女児の時に行われます。満年齢でお祝いするのが一般的になっていますが、ご家庭に兄弟がいる場合、数え歳でお祝いするご家庭も多くいます。
二つ目は、大阪の商人、平野甚左衛門が江戸に来て千歳飴を売り始めたという説です。