越のむらさき・摂田屋についての話、旬の情報を皆様へお届けします。
独特の香りと苦味が特長の「春菊」。
春に花を咲かせ、葉の形が菊に似ていることから春菊と言われるようになりました。関西では「菊菜(きくな)」とも呼ばれます。
春菊はβカロテンを豊富に含みます。βカロテンには有害な活性酸素から体を守る抗酸化作用があります。
また、体内でビタミンAに変わるので、粘膜などの健康を維持する効果や、風邪予防にも効果的です。
これからの季節、気をつけたい冬の風邪に効果的な春菊。今回は春菊を使用したお手軽レシピをご紹介いたします。
【3】全体に火が通ったら、越のむらさき醤油、酒、だし汁を入れ味を整えます。
【1】春菊を食べやすい長さに切ります。
【2】フライパンに油を熱し、【1】で切った春菊を炒めます。
鮮やかな緑色が、食卓にに彩り添えてくれる春菊。
風邪予防にとても効果的なので、積極的に摂取しましょう!
TOPへ戻る
前ページへ
江戸から続く越後の風味 まごころと伝統の醤油
株式会社 越のむらさき
【4】溶き卵を回し入れ、半熟になったら火を止めます。器に盛り付け完成です。