伝統ある風習「針供養」。現代ではあまり見かけなくなった風習ですが、伝統ある針供養について紹介いたします。
針供養とは、1年間お世話になった針を供養する風習のことを言います。針供養の歴史は古く、平安時代には既に始まったと言われています。元々は中国発祥の風習と言われていますが、その後日本に伝わり、日本の「事八日」や和歌山市淡島神社の女性を守る神様の信仰などと交わり、現在の風習になったと言われています。
最後は柔らかい物に刺して供養するため、お豆腐やこんにゃく等の柔らかい物に刺します。針に刺されたお豆腐やこんにゃくは、川に流され供養されたり、土に埋められ供養されたり、神社に収めて供養したりなど、その神社各地域によって様々でした。
また、針供養は「2月8日」に行われますが、2月8日と12月8日は旧暦の「事八日(ことようか)」のことです。
12月8日に「事始め」、2月8日に「事納め」と言われ、2つを合わせて「事八日」と言います。地域によっては逆の事もあります。
いつも使っている仕事道具に感謝をし、労わる。とても素敵な風習ですね。現代でも服飾に関わる人の間で受け継がれている、大事な風習です。
TOPへ戻る
次ページへ
江戸から続く越後の風味 まごころと伝統の醤油
株式会社 越のむらさき