日本人に身近な食べ物には塩分が多く含まれています。
減塩と、減塩の日について詳しくお話します。
2017年日本高血圧学会は、毎月17日を「減塩の日」に制定しました。
減塩の日の発祥は、日本高血圧学会が制定した「高血圧の日」が5月17日であることと言われています。
日本高血圧学会は毎月17日を減塩の日に制定をすることで、高血圧の治療や予防に効果がある減塩を推進し、より多くの人に減塩を実施してもらうことが目的です。
バランスの取れた食事をとっていても、日本人は塩分を取りすぎる傾向にあります。それは、日本人になじみ深い、醤油、味噌、漬物などの食べ物に塩分が多く含まれているからです。
日本の塩分摂取量は世界的に見ても、上位に食い込みます。
そのため、日本高血圧学会では1日の摂取量を「6g」で推奨しています。
塩分の取りすぎは様々な生活習慣病リスクが高まります。
その一つが「高血圧」です。高血圧は生活習慣病患者数の最上位の疾患です。
また、高血圧は動脈硬化が進行するリスクが高まるため、脳梗塞や心筋梗塞にも繋がります。
TOPへ戻る
次ページへ
江戸から続く越後の風味 まごころと伝統の醤油
株式会社 越のむらさき