越のむらさき・摂田屋についての話、旬の情報を皆様へお届けします。
和菓子の日は、全国和菓子協会が1979年(昭和54年)に制定されました。
嘉祥元年(848年)6月16日、仁明天皇が16個のお菓子などをお供えして、病気がなくなり、健康で幸せに暮らせるように祈ったという故事があります。
6月16日には厄除けと招福を願い、梅雨の時期にちなんだ涼しげなお菓子を用意して、和菓子を楽しんでみてはいかがでしょう。
これにちなんで6月16日には、菓子を食べ厄除けと招福を願う嘉祥(かじょう)(嘉定)という行事がありました。
嘉祥は明治時代になって廃れましたが、全国和菓子協会は、昭和54年(1979)に「和菓子の日」として現代によみがえらせました。
復活した「和菓子の日」。自分や大切な人の厄除けと招福を願い、和菓子を食べてみてはいかがでしょうか。また、和菓子は日本人の体にあったお菓子の為、洋菓子より太りにくいメリットもありますよ。
TOPへ戻る
前ページへ
江戸から続く越後の風味 まごころと伝統の醤油
株式会社 越のむらさき
【作り方】
1.白玉粉と絹ごし豆腐を混ぜ合わせてひと塊にする。
2.1を一口の大きさに丸めます。
3.沸騰したお湯に2で丸めた団子をそっと入れます。
4.団子が浮かんだらすくいあげ、冷水に入れます。
5.タレを作ります。越のむらさきしょうゆ、砂糖、水(分量外:適量)を混ぜ合わせます。
6.5に水溶き片栗粉を入れ、出来たたれを先に作っておいた団子に和えれば完成です。