越のむらさき・摂田屋についての話、旬の情報を皆様へお届けします。
 ホタテは魚介類の中でも、高い栄養価で知られています。
・低脂肪でありながらも良質な「タンパク質」
・旨味成分である「アミノ酸」
・特有の甘みのもとである「グルタミン酸」
・美肌効果が高い「グリシン」
・疲労回復やに効果的な「アスパラギン酸」
他にも、鉄分や亜鉛などのミネラルやビタミンも多く含まれています。
 ホタテに含まれる栄養素の中でも、アミノ酸の一つである「タウリン」の効能は注目されています。
 タウリンとは、含硫アミノ酸から合成される成分で、肝臓の機能を高める効能があります。また、交感神経を抑制する働きがあり、高血圧や脳卒中、心臓病などの予防にも効果的な栄養です。
魚介類が美味しい時期になりましたね。貝類を焼く時は、貝が勢いよく開くこともあるので、火傷に注意しましょう。
TOPへ戻る
前ページへ
江戸から続く越後の風味 まごころと伝統の醤油
株式会社 越のむらさき
1.ホタテの貝殻は平たい方と、膨らんでいる方があるので確認する。
2.ホタテの貝殻の平たい方を下にして、フライパンに入れる。
3.強火で焼き、下の殻からホタテが剥がれたら、ひっくり返す。
4.ホタテが剥がれた、平たい殻を取る。
5.日本酒と、越のむらさき昆布しょうゆを入れる。
6.ホタテが殻から剥がれたら完成。

※ホタテの黒い部分は「ウロ」と言い、人間の肝臓にあたります。
 ウロは貝毒が発生することもあるので、食べずに捨ててください。