越のむらさき・摂田屋についての話、旬の情報を皆様へお届けします。
 家庭で一般的に食べられる鮭は、赤いですが「白鮭」という種類です。別名「秋鮭」とも言い、9月〜11月が旬です。
 鮭には「ビタミンB12」、「ビタミンD」、「DHA」、「EPA」、「アスタキサンチン」など体に良い栄養が沢山含まれています。
 美味しい鮭の見分け方は、皮は綺麗な銀色で、切り口に艶があるものがおススメです。また、汁が出ているものや、皮の色が悪いものが鮮度が低いため注意しましょう。
9月になり、秋らしさも出てきました。少しずつ気温も下がり、体調不良が起こりやすい時期です。旬の食材を食べて栄養をとり、体調管理をしましょう。
鶏肉(モモ)
白菜
梅干し
TOPへ戻る
前ページへ
江戸から続く越後の風味 まごころと伝統の醤油
株式会社 越のむらさき
1.お米を研ぐ
2.内釜にお米を入れて、鮭を上に並べる
3.日本酒、越のむらさきしょうゆ、みりん、だしの素を加え
 2合より少し多い水加減で炊飯する
4.炊き上がったら鮭の小骨を取る
5.バターを加えてざっくり混ぜて完成