醤油を使った簡単レシピ
◆ちらし寿司
材料
干し椎茸…7枚、人参…1本、米…3合、昆布…3p、寿司酢…80ml、卵…3個、絹さや…適量、えび…適量、桜でんぷん…少々

★(干し椎茸のもどし汁…ひたひた、越のむらさき醤油…大さじ2、砂糖…大さじ2、塩…少々)
作り方
1.お米は昆布と一緒に固めに炊き、干し椎茸を水に漬けます。その後、干し椎茸、人参を適当な大きさに切ります。
2.★の材料は合わせて軽く火にかけ砂糖を十分に溶かします。そして切った干し椎茸、人参を入れ煮汁がなくなるまで煮詰めていきます。
3.煮詰めている間に卵を薄焼きで焼き、錦糸卵を作っていきます。
絹さや、えびは塩茹でし、適当な大きさに切っていきます。
『越のむらさき』しょうゆ
厳選されたかつお節を、当社独自の製法で煮出し造りました。かけてよし、煮てもよし、つゆにもよしの万能調味料です。
◆さっぱり美味しい!玉ねぎのサラダ
材料
玉ねぎ…1個、越のむらさき「味」…大さじ1、ごま油…大さじ1、かつお節…適量、ごま…適量
作り方
1.・玉ねぎを薄くスライスする。切ったあと水にさらす。
★辛みが強いときは、酢水にさらして下さい。
4.ご飯が炊けたらに寿司酢を加え、粘りが出ないように混ぜてください。そこに煮詰めた干し椎茸、人参を入れて軽く混ぜます。
材料
作り方
材料
作り方
材料
作り方
材料
作り方
材料
作り方
材料
作り方
材料
作り方
材料
作り方
材料
作り方
材料
作り方
卵…2個、しらす…適量、越のむらさき醤油…大さじ1、だし汁…大さじ1
1.卵をよく混ぜておく。そこに越のむらさき醤油、しらす、だし汁を入れ混ぜる。
きゅうり…1個、越のむらさき醤油…大さじ1、鰹節…適量
1.きゅうりを適当な大きさに切っておく。
きゅうり…1本、なす…2分の1本、ネギ…4分の1本、納豆昆布…大さじ1
(なければ切り昆布を細かくして代用もできます)、野菜漬…お好みの量で
★あれば・・・茗荷…1個、大葉…1枚
1.納豆昆布を水にさらし、水気を切ってボールに入れる。野菜を全部みじん切りにする。
トウモロコシ…1本、越のむらさき醤油…大さじ1/2、バター…大さじ1
1.トウモロコシを適当な大きさに切り、茹でる。
なす…2本、ひき肉…100g、越のむらさき醤油…大さじ2、みりん…大さじ1、酒…大さじ1、砂糖…大さじ1、ねぎ…適量



1.なすを一口サイズに切る。この時ねぎも細かく切っておく。
秋刀魚…2尾、長ネギ…適量、生姜…2かけ
★(・越のむらさき醤油・・ 大さじ3、水…200cc、酒…100cc、砂糖…大さじ2、みりん…大さじ2)
1.秋刀魚の頭と尾を切り落とし、4等分に切る。その後丁寧に内臓を取り除く。
なめこ…1袋(100g)、越のむらさき醤油…大さじ2、みりん…大さじ2、酒…大さじ1
1.なめこの石づきを取る。
卵…1個、カットわかめ…お好みの量、越のむらさき醤油…小さじ2、生姜…小さじ1、だし汁…600t
1.鍋にだし汁を入れ沸騰させます。この時卵は溶いておきます。
沸騰したら、カットわかめと越のむらさき醤油、生姜を入れていきます。
大根…800g(1本)、里芋…5〜6個、イカ…2ハイ
★(本醸造しょうゆ…大さじ3〜4、砂糖…大さじ3、みりん(酒)…大さじ3、水…適量)
1.大根は乱切りして、里芋は大根と同じ大きさになるように切り、すき通るくらいになるまで下茹でする。
厚揚げ…1枚、干し椎茸…6枚、レンコン…200g
★(本醸造しょうゆ…大さじ3、だし汁…600t、酒…大さじ3、みりん…大さじ1)
1.干し椎茸をぬるま湯につけて柔らかく戻し、石づきを取っていちょう切りにします。レンコンは皮を厚めにむいて乱切りにし、酢水にさらしてアクを抜きます。アクが抜けたら水でさっと洗っておきます。
◆しらすの卵焼き
◆ごろごろきゅうりの鰹節和え
◆野菜漬で美味しく山形の「だし」
◆バター醤油で美味しく。焼きトウモロコシ
◆ご飯との相性バツグン!なすのひき肉炒め
◆秋刀魚の甘辛煮
◆なめこの醤油煮
◆ぽかぽか温まろう!かきたま汁
◆おふくろの味、いかと大根と里芋の煮っころがし
◆厚揚げと野菜の煮物
2.さらしていた玉ねぎをしっかり水切りする。
3.越のむらさき「味」とごま油をよく混ぜ合わせる。
4.お皿に盛り付け、かつお節、ごまを上からふりかけたら完成!
2.卵焼き用のフライパンに油をしき、卵焼きを作っていく。
3.卵焼きが冷めてから切り分け、完成です。
★火加減を中火でやると、上手に巻くことができます。
2.きゅうりをボールに入れ、越のむらさき醤油、鰹節を入れ全体にからめます。
3.その後お皿に盛りつけたら完成です。
★きゅうりは切らずに、すりこ木などでたたいてもいいです。
2.なすは数分水にさらしてからキッチンペーパーで水気を取る。
3.ボールにすべての材料と納豆昆布を混ぜ合わせ、粘りが出たらお好みの量の野菜漬を入れ、さらに混ぜる。
4.食欲のない暑い夏の朝食に、ご飯にかけて是非お試しください。
冷奴にのせて、ビールにもよく合います。
2.フライパンに、バターとトウモロコシを入れて焼いていく。このときバターをトウモロコシ全体にからめるようににつけていく。
3.バターが馴染んだら、醤油を回し掛ける。焼き色がついたら完成です。
2.フライパンに油をしき、ひき肉を炒めていく。焼き色がついてきたら、切ったなすと越のむらさき醤油・酒・砂糖・みりんを入れ、からめるように炒める。
3.全体に火が通り、味がなじんだらお皿に移す。最後にねぎを飾り完成です。
2.鍋に生姜と★の材料を入れ煮立てる。煮立ったら秋刀魚を入れ、弱火〜中火で30分程煮込んでいく。煮汁が半分以下になったら強火にし、煮詰める。
3.煮汁がほとんど無くなり艶が出たら火を止め皿に盛る。最後に切った長ネギを飾り完成です。
★飾りは長ネギの他に、生姜の千切りでも美味しいです。
2.フライパンに、なめこ、越のむらさき醤油、みりん、酒を入れ中火で煮ていく。
3.かき混ぜながら煮ていき、なめこに火が通れば完成です。
★大根おろしと一緒に食べたり、豆腐に乗せて食べても美味しいです。
2.その後、溶き卵を高い位置から細い糸状になるように、少しずつ入れます。
3.卵に火が通ったら完成です!
2.イカは好みの幅に輪切りする。イカをAの調味料で中火から弱火で煮る。
3.イカを一旦取り出し、大根と里芋をイカのだしが出た煮汁を中火で煮る。
(その時に、材料がひたひたになるくらいまで水を加える。)
4. 大根と里芋に味がしみたら、イカを加えて弱火で煮てなじませて完成です。
※一度さますと味がしみ込んで、より美味しくなります。みりん(酒)は、お好みで量を変えてください。
2.厚揚げは熱湯にぐぐらせて油抜きをし、一口大に切っていきます。
3.鍋にレンコン、厚揚げ、椎茸を入れます。そしてAの調味料を加え、強火で煮立たせます。沸騰直前になったら火を弱めてアクを取ります。
4.その後、落し蓋をして弱火で8分程煮れば完成です。
濃厚調味料『味』
かつお節・昆布・しいたけのだしのよく効いた塩分控えめな簡単・便利な1本です。
『越のむらさき』しょうゆ
厳選されたかつお節を、当社独自の製法で煮出し造りました。かけてよし、煮てもよし、つゆにもよしの万能調味料です。
『越のむらさき』しょうゆ
厳選されたかつお節を、当社独自の製法で煮出し造りました。かけてよし、煮てもよし、つゆにもよしの万能調味料です。
『野菜漬』
素材の持ち味を生かした、美味しい浅漬けが簡単に。
醤油の香りと天然かつおだしの旨味が絶妙です。
『越のむらさき』しょうゆ
厳選されたかつお節を、当社独自の製法で煮出し造りました。かけてよし、煮てもよし、つゆにもよしの万能調味料です。
『越のむらさき』しょうゆ
厳選されたかつお節を、当社独自の製法で煮出し造りました。かけてよし、煮てもよし、つゆにもよしの万能調味料です。
『越のむらさき』しょうゆ
厳選されたかつお節を、当社独自の製法で煮出し造りました。かけてよし、煮てもよし、つゆにもよしの万能調味料です。
『越のむらさき』しょうゆ
厳選されたかつお節を、当社独自の製法で煮出し造りました。かけてよし、煮てもよし、つゆにもよしの万能調味料です。
『越のむらさき』しょうゆ
厳選されたかつお節を、当社独自の製法で煮出し造りました。かけてよし、煮てもよし、つゆにもよしの万能調味料です。
本醸造しょうゆ
JAS特級の本醸造濃口しょうゆです。
本醸造しょうゆ
JAS特級の本醸造濃口しょうゆです。
株式会社 越のむらさき
TOPへ
江戸から続く越後の風味 まごころと伝統の醤油
5.最後に錦糸卵、絹さや、えび、桜でんぷんをトッピングをして完成です。
レシピ選択画面へ戻る
レシピ選択画面へ戻る
レシピ選択画面へ戻る
レシピ選択画面へ戻る
レシピ選択画面へ戻る
レシピ選択画面へ戻る
レシピ選択画面へ戻る
レシピ選択画面へ戻る
レシピ選択画面へ戻る
レシピ選択画面へ戻る
レシピ選択画面へ戻る
レシピ選択画面へ戻る