醤油を使った簡単レシピ
◆きのこの炊き込みご飯
材料(4人分)
米…3合、しめじ…1袋、えのき…1袋、油あげ…2枚、だし汁…適宜、◆調味料(【悠久】…20cc、塩…小さじ1、酒…少々)
作り方
1.きのこ類は石づきを取り、小房にわけます。
2.油あげの両面をさっと焼き、千切りにします。
3.水のかわりに◆調味料を加えただし汁でご飯を炊き、炊き上がったらサックリと混ぜます。
『悠久』
うすくちとしては塩分が控えめでしょうゆ本来のすっきりした味わいのうすくち醤油です。
さしみ、豆腐に。素材の色を生かすお料理に。
◆きんぴら鍋
材料(4人分)
ごぼう…2〜3本、えのき…1袋、しらたき…1袋、牛バラ肉、
ニラ…2束、ごま油…適宜、【八方つゆ】
作り方
1.ごぼうは、そぎ切りにして水にさらし、アクを抜き、しらたきは、ゆでて水にさらします。
材料
作り方
材料
作り方
材料
作り方
材料
作り方
材料
作り方
材料
作り方
材料
作り方
材料
作り方
材料
作り方
材料
作り方
卵(Lサイズ)…2個、だし醤油…小さじ1、醤油…小さじ1強、みりん…小さじ1/3
1.といた卵にみりん・ダシ醤油・醤油・水を入れて混ぜ合わせます。
乾燥ひじき…20g、人参…適量、油揚げ…半枚、めんつゆ(2倍希釈)…30cc
1.人参は千切りに、油揚げは食べやすい大きさに切っておいて下さい。
豚肉…100g、長ネギ…1/2本、しょうゆ…大さじ2、みりん…大さじ1と1/2、七味…少々
1.長ネギはみじん切りにし、みりんとしょうゆを合わせておきます。
豚肩ロース肉…200g、キャベツ…約1/8個、ピーマン…1個、人参…1/3本、酒…大さじ1、濃口醤油…大さじ1、◆調味料(【濃厚調味料 味】…大さじ1と1/2、みりん…小さじ1)
1.豚肉を大きい場合は食べやすい大きさに切り、酒と濃口醤油に15分ほど漬け込んでおきます。
きゅうり…100g、◆調味料(醤油、みりん、砂糖、酢…各小さじ2)、青じぞ、鷹の爪…お好みで
1.きゅうりは1.5〜2cmくらいに切っておいてください。鍋に◆調味料の材料を入れて火にかけ、沸騰するまで煮込みます。
鶏肉(モモ)…150g、白菜…1/8、梅干し…小さめ3個、だし汁…1/2カップ、酒…大さじ1/2、みりん…大さじ1と1/2、醤油…大さじ1、しょうが…1/2カケ
1.下準備として、白菜を2〜3センチに切って硬めにゆでておいてください。
その他、梅干は種を抜いて包丁で叩き、しょうがはみじん切りにしておきます。
ナス…2本、えのき…1/2袋、なめこ…1袋、人参…1/4本、しょうゆ…大さじ2、酢…大さじ1、こしょう…少々
1.ナスを縦半分に切り、さらに薄切りにします。
鶏ムネ肉…1本、エリンギ…太め1本、しめじ…1/2株、バター…1片、ごま…適量、醤油・みりん・味噌・酒…各大さじ1、砂糖…小さじ1
1.鶏肉を1口大の大きさに切り、味噌・みりん・砂糖を揉み込みます。
かぼちゃ…1/4個、豚挽き肉…100g、水…100cc、砂糖・醤油・サラダ油・水溶き片栗粉…各大さじ1、みりん…大さじ1/2、
1.かぼちゃにラップをしたらレンジで2分加熱をし、食べやすい大きさに切っておきます。
ごぼう…1本、水…150cc、煮干…10g、鷹の爪…2本、醤油…大さじ1と1/2、酒…大さじ3
1.煮干は腹わたを取って分量の水に20分以上漬けておき、ごぼうは皮をむき、食べやすい長さに切ります。
◆だし巻き卵
◆ひじきの煮物
◆豚肉のみりん醤油あえ
◆豚肉とキャベツのみそ炒め
◆きゅうりの溜り漬け
◆白菜と鶏肉の梅煮込み
◆なすときのこの酢醤油炒め
◆鶏ときのこの味噌焼き
◆かぼちゃのそぼろあんかけ
◆ごぼうのだし醤油煮
2.フライパンにごま油を熱し、牛バラ肉、ごぼう、しらたきをさっと炒め、きんぴらにします。
3.ニラ、えのき(お好みで季節の野菜)を鍋用に下準備します。
4.鍋に2.5〜3倍に薄めた【八方つゆ】を入れ、煮立ったら『3』のきんぴらを入れ、『4』の野菜を加えながらいただく。
※薬味として七味唐辛子をかけてもおいしく召し上がれます。
2.熱したフライパンに油を引き、といた卵の1/4を流し入れて軽く混ぜたらフライパンの奥にまとめます。
3.その後は1/4ずつ流し入れ、奥から巻く作業を繰り返して下さい。
4.焼き上がったらまな板に移し、切り分けて完成です。
2.水戻しが必要ない乾燥ひじきに、めんつゆとその他の材料を全て入れ、鍋で火にかけます。
3.それらを鍋で水分が少なくなるまで煮込んだら完成です。
2.豚肉をさっとゆでたら水気を切ってみりん醤油に入れます。
3.みじん切りにした長ネギと仕上げの七味をふって和えます。
4.七味は好みの量で調節して下さい。
2.キャベツはざく切り、ピーマンと人参は細切りにします。◆調味料の材料も合わせておきましょう。
3.フライパンにサラダ油を熱し、豚肉を両面焼いて皿に取り出しておきます。
4.そのままのフライパンに少し油を足して野菜を炒め、しんなりしてきたら豚肉を戻し、調味料で味付けして一緒に炒めたら完成です。
2.沸騰したらきゅうりを入れ、再び沸騰するまで煮てください。青じそ、鷹のつめは細かく切り、お好みの量だけ入れます。
3.ここで一旦火を止め、きゅうりを鍋からあげて冷ましてください。
4.きゅうりを取り出したら残り汁をまた温め、冷めたきゅうりを再び鍋に入れます。
これを3〜5回繰り返すのですが、お好みの食感と味を見ながら繰り返してください。
2.フライパンにだし汁・酒・みりん・醤油・しょうがを入れて煮立たせたら、鶏肉を入れてアクを取ってください。
3.そこへ梅干しと、ゆでておいた白菜を入れ、味がなじむまで煮たら完成です。
4.お好みで青じそなどを乗せても美味しいです。
2.なめこはお湯で軽く茹でておいてください。また、なめこを使わない場合は水溶き片栗粉などを用意してください。
3.フライパンに多めの油を熱し、ナスを炒めます。そこに千切りにした人参とえのきを加え、火が通ったらさらになめこを加えてください。
4.最後にしょうゆ・お酢・こしょうで味を調え完成です。
豚肉やタケノコの水煮などを加えても美味しいです。
2.エリンギは食べやすい大きさに裂き、しめじは根を切ってほぐしておいておいてください。酒と醤油は混ぜ合わせておきます。
3.鶏肉に片栗粉を付け、焼き色がつくまでよく焼いてください。この時、ごま油で焼くと香りもよくなります。全体が焼けたらエリンギとしめじを加えて更に炒めてください。
4.エリンギがしんなりしてきたら、酒と醤油を加えます。鶏肉に火が通ったらバターを加えてさっと和えて下さい。お皿に盛り付け、ごまを振りかけて完成です。
2.鍋にサラダ油を敷いてひき肉を炒め、色が変わってきたらそこにかぼちゃを加えます。全体に油が回ったら水と砂糖を入れて煮立たせてください。
3.煮立ったところに醤油とみりんを加え、かぼちゃが柔らかくなるまでさらに煮ます。
4.最後に水溶き片栗粉でとろみをつけて完成です。
2.太い部分は縦に2〜4つに切って軽く水にさらし、水気を切っておいてください。
3.鍋に全部入れてそのまま火にかけます
4.沸騰したらあくを取り、中火にして10分煮た後は火を止めそのまま煮含めて完成です。
『八方つゆ』
当社独特の製法と、永年のかつおだし技術を生かしたつゆです。味と香りのバランスよい。和風料理に幅広くご利用ください。
『越のむらさき』しょうゆ
厳選されたかつお節を、当社独自の製法で煮出し造りました。かけてよし、煮てもよし、つゆにもよしの万能調味料です。
『越のむらさき つゆ』
かつおと昆布の旨味に、さば特有の濃厚感と煮干のまろやかな味を加え、だし本来の味と風味を生かした当社自慢の一品!
『悠久』
うすくちとしては塩分が控えめでしょうゆ本来のすっきりした味わいのうすくち醤油です。
さしみ、豆腐に。素材の色を生かすお料理に。
濃厚調味料『味』
かつお節・昆布・しいたけのだしのよく効いた塩分控えめな簡単・便利な1本です。
天然醸造 『越の香』
新潟県産の丸大豆、国内産小麦を原料として、
天然醸造でゆっくりと熟成させた濃口しょうゆです。
『丸大豆二度じこみ』
新潟県産丸大豆と国産小麦を使用し、
食塩水の代わりに生の醤油を用いて再度仕込みを行い、
二倍の年月をかけて仕上げたしょうゆです。
『越のむらさき』しょうゆ
厳選されたかつお節を、当社独自の製法で煮出し造りました。かけてよし、煮てもよし、つゆにもよしの万能調味料です。
『越のむらさき』しょうゆ
厳選されたかつお節を、当社独自の製法で煮出し造りました。かけてよし、煮てもよし、つゆにもよしの万能調味料です。
『丸大豆二度じこみ』
新潟県産丸大豆と国産小麦を使用し、
食塩水の代わりに生の醤油を用いて再度仕込みを行い、
二倍の年月をかけて仕上げたしょうゆです。
天然醸造 『越の香』
新潟県産の丸大豆、国内産小麦を原料として、
天然醸造でゆっくりと熟成させた濃口しょうゆです。
株式会社 越のむらさき
TOPへ
江戸から続く越後の風味 まごころと伝統の醤油
レシピ選択画面へ戻る
レシピ選択画面へ戻る
レシピ選択画面へ戻る
レシピ選択画面へ戻る
レシピ選択画面へ戻る
レシピ選択画面へ戻る
レシピ選択画面へ戻る
レシピ選択画面へ戻る
レシピ選択画面へ戻る
レシピ選択画面へ戻る
レシピ選択画面へ戻る
レシピ選択画面へ戻る